えのきの01

マナシラ

えのきの001
オリカビ作ってみるかーと思って最初に作ったオリカビ。
白い体と帽子の影に光がちなオレンジの目が特徴。
帽子はシルエットが大体あっていれば、デザインや模様はそのつど適当でOKというズボラ仕様。

私のハンドルネームが「えのき」だったので、きのこモチーフにしようという安直な理由できのこキャラに。
最初に作ったからという安直な理由で主人公枠に居座る。
星の旅さんの漫画にエキストラ出演させてもらったすごい奴。

ちなみにおりおだ111のマナ氏とは関係が無いということで。


設定1(初期設定)
きのこが好き。日陰で育った色白っ子。陰気な性格。
帽子の中できのこの栽培をしているよ。


設定2(発展設定)
怪しく光る目によって怪しい笑顔を浮かべる絵が映えるおかげで、陰気な性格設定のわりにはよく笑うキャラになってた。
きのこ好きに限らず、菌類好きという事にしました。黴も好きですし、チーズとか納豆とかねつぞうほもとかの醗酵物も好き。足は水虫。

性別は、『きのこの生えてる中性』です。擬人化もよくしてもらいましたが、つなぎのにーちゃんから巨乳のねーちゃんまで幅広くあり。
一人称「マナシラ」


設定3(蛇足)
漫画で無理やり動かしてみたらシモネタが暴走して、感情駄々漏れ頭の緩そうなキャラになりました。
きのこを愛し、きのこを生み出してくれる森を愛し、そしてわりと他人に愛ときのこを押し付けがちな困った奴。
フレンドリーだが欲望の制御が利かず、世間知らずであまりの気持ちを考えるのは上手くいかない。でも人の話は積極的に聴くし素直。
そんなハイテンションキャラだったのが漫画のマナシラさんでした、陰気な性格設定とはなんだったのか。
えのきの001_1
漫画以外のところではもう少し落ち着いて、賢そうに振舞って欲しいものですね。




マユロ

(絵)
作ったのが初期だからという安直な理由で便宜上メイン枠にした四人の内の一人。
擬人化も頂きました、可愛かった。
初期四人の中では唯一明確なモチーフがなかったので、扱いにくいかなーと思ってたんですが、実際はファンが多かった(主にdさん)です。ようじょつよい。


設定1(初期設定)
ジト目がちで麻呂眉で、無表情ぎみで大人しくて不思議な物が好きそうな幼女。だった。


設定2
世界観設定的には、世界の秘密を知る側の人間で、役人みたいな感じで色々調整したり作業したりなんやらの黒幕として糸を引いてるキャラになってました。(私の中で)
帽子の先の飾りは自在に動く。



設定3(蛇足)
漫画に出して見たら、なんかやさぐれて、生きにくそうにしてる不機嫌で柄の悪いキャラになりました。
すぐに暴力行使するし説明不足だし厳しいしなに考えてるか良くわからない!しかもスパデラ懐古厨でウルデラ未プレイとかなんだその設定どこから来たんだ!!
なんてこった!誰だよマユロちゃんをあんなキャラにしたのは?!私だ!!ごめんなさい!!


漫画にしてキャラを動かして見て分かった事は、キャラがどう育つかってのは、そのキャラだけでなくて、周りのキャラとの兼ね合いがでかいんだなぁということです。
マナシラが暴走しがちなシモネタキャラになったので、一緒に行動させたかったマユロちゃんはツッコミに回らざるをえなかったのだった。大人しくていては収集が着かない……。


基本的に設定過多になってて扱いに困ってる。
一般裏設定あるけどどれが残っててどれがやめたんだったっけか整理がつかない。



ロー

(絵)


設定1
見てのとうり安直なロウソク君。
一人称は「ボク」。性格とかも多分みたまんま。


作ったのが初期だからという安直な理由で便宜上メインにしてる四人の内の一人。
覚えやすいのもあって中々よく描いて貰えましたし擬人化も頂きました。



設定2
特に踏み込んだ設定は結局ついてない



設定3
漫画に登場する予定は無かったし、どこでどういう風にしているローとどう出会い、どんな話が考えられたのかは未だに全く思いつかない。
まぁ変なキャラ付けがされない安全地帯で良かったね。
(熱い白濁液を滴らせ続ける献身的なショタとかそういうのになってたんだろうね、怖いね。)



グレーズ

(絵)
みてのとうりブドウ。


作ったのが初期だからという安直な理由で便宜上メイン枠にしてる四人の内の一人。
インパクトがあるデザインなのもあって、よく描いて貰えましたし擬人化も頂きました。


設定1(初期設定)
一人称「わたくし」の、おっとり系の女の子。日の光が好き。いい匂いもしそう。


設定2(発展設定)
白葡萄の一家は貴族で高貴で金持ちでお城勤めなのに対して、赤葡萄の一家は庶民派だけど、グレーズは白葡萄家のマスカルって子と密接な関係があるみたいだよ。


(葡萄はカービィの象徴である「球」を沢山実らせる者だから、高貴な存在で権力がある。
食べ物がカービィとして生きて行くためには、食べられないように戦闘力を身につける必要があるから、戦闘力高めだよ。)



設定3(蛇足)
漫画ではグレーズの出てくる話は考えてあった。
キャラ付けは「食べられるために生まれた食用ブドウだったのに、葉っぱの形が唯一ハート型だったグレーズは、特別視され白葡萄家に拾われ育てられてるけど、グレーズは食べ頃のうちに誰かに食べて貰いたくて仕方がなくて、お城を抜け出しては出会う人に「私を食べて!」と迫る。そして白葡萄の人に連れ戻される日々。」
というエキセントリックなキャラ付けでした。
マナシラと似た匂いのする頭弱くて油断ならないキャラでしたね、マナシラと意気投合する予定でした。
最終的にはもっと酷いキャラになる予定で気に入ってた。
漫画が続かなかったので綺麗なグレーズのままで済みました。残念でしたね。


  • 最終更新:2014-07-27 00:48:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード