さすカビ企画キャラ1

Sir.スライ

(投稿者:有  AcRoss!Twitter
さすカビ【Sir.スライ】.png
【設定】
性別:男
一人称:私
さすらう理由:『自分を認めてくれる主君』を見つけるため。
「むっ!『Sir』をつけ給え、『Sir』を!」
「はっはっは!弱きを助け悪を挫くのが騎士たる者の努めだからな!」
「ああっ!財布の底が見える!何故だ……何か無駄遣いしただろうか……?」(※布代)

どこかで「騎士」の称号を貰った剣士。「Sir」をつけて呼ばないと怒る。騎士時代に使っていたマントを丁寧にツギハギして大事に着続けている。衣服の修正にお金をかけているためいつも貧乏。
基本的に親切で面倒見が良いが、言葉がやや高圧的。本人に悪気は全く無い。
妙にポジティブシンキングで、失敗してもすぐに立ち直る。また、トラブルには自ら首を突っ込みたがる。……学習能力が低いとも言える。

【さすらうことになった経緯】
とある主君に騎士として仕えていたのだが、ある日先輩騎士が謀反を企てている場面に遭遇、流れで戦闘になり相手を斬り捨てたのだが、相手を切り捨てた場面を主君に目撃され、釈明虚しくそのまま追放された。
信頼していた主君に裏切られたという思いから一時期荒れたがすぐに立ち直り、現在は新しい主君を探して放浪している。



バリー=マワーレド=カマル

(投稿者:モス PixivTwitter) 
さすカビ モス 投稿 訂正.jpg
名前::バリー=マワーレド=カマル
出身地:どこかの商業都市
年齢:20代後半のイメージ
性別:♂
一/二/三人称:僕/君/彼・彼女
やあ!どうだい、見ていかないか?
そ、それはいくらならいいかな!?
何も言ってません!言ってませんってば!(汗

とある大商人の息子。将来的に父の仕事を継ぐことは決まっているが、父から「人生経験を積むため、見聞を広めるために」と、
行商人としての旅を命じられた。本人も納得し、旅立つことになった。

明るい性格で、誰とでも積極的に仲良くなろうとする。そのせいで同じ町に長く居座ってしまうこともしばしば。
また人情深い面もあり、とても辛そう・貧乏な人、それに子供には無償で物を譲ることもある。
ただデリカシーのない所があり、商売以外での女性相手には滅法弱い。
コピー能力は普通に使えるようだ。

生活用品の他に各地の珍しい物を売買しながら旅をしている。移動は当然ながら徒歩で、
商品は屋台のようなリヤカーに載せている。町から町へ移動し、一つの町には2、3日滞在する。
交渉次第で値切ってくれるぞ!珍しいものを見せれば買い取ってくれるかもしれないぞ!

ワドルディが大好き。幼い頃から父親の仕事で雇われていたワドルディと遊んでいたため、言葉がわかる。
今は自分も荷物持ち・リヤカー操縦を目的に雇っており、常に2体以上引き連れている。ご飯は食べさせているぞ。

旅の終着点は決めておらず、後継ぎではない、自分のやりたいことが見つかるかもと思っている。

【補足】
・杖は鉄製の鈍器です。かなり重い。
・売買している「珍しい物」については、想像にお任せします。じゃんじゃん売ったり買ったりしてください。
・ワドルディの数は多くても5,6体でお願いします。あまり多いと飯を食わせられません。
・リヤカーの詳しい形についても想像にお任せします。ですがそのうち補填するかもしれません。



立夏

(投稿者:笹月) Pixiv Twitter
「良ければ一緒に探してくれないかな? 探しものをしているんだ。……多分、とても大切なもの」
【さすカビ】立夏.jpg
名前:立夏(リツカ)  ※決して間の「つ」は小文字ではない
性別:♂  年齢:15~18歳程度  コピー・特殊能力:なし
一人称:僕  二人称:君

何か大切な“探しもの”をしているらしい、ツバメのような姿をした少年。
性格はいたって明るく、はつらつとして好奇心旺盛。何でも試したがり。
不思議と夏季(7月~8月)の間にのみしか現れない。
そして、何故か毎年記憶が殆どリセットされている。

頻繁に逢ったり親密にしていれば、もしかしたら既視感を持たれたり
少しくらいは記憶していてくれる……かも知れない。
もちろん、彼自身はその現象について全く自覚していない。

人にも物にも普通に触れられるが、どちらかというと幽霊に近い存在。
きっと霊感の強いひとは違和感を持ったり、彼の本性に気付くでしょう。

 ◆  ◆  ◆

その本体は、夏休み前に交通事故で昏睡状態で眠っている高校生。
彼にとっては夢の中にいるようなもの。現在の姿は、本当の容姿ではない。
探しているのは、手に入れるはずだった「夏休みの思い出」。
正しくは、“見付ける”のではなく“集める”もの。良かったら遊んであげてね!

――― 生死の境をさまよい、夏から抜け出せない事すら知らぬ、悲しき青燕。
     彼が居なくなったときは、本体が目覚めたか、あるいは ―――



ヒトエ

(投稿者:月影梟雄  Twitter) 
さすカビ 月影梟雄 投稿 修正 .jpg
〔名前〕ヒトエ(一会) 〔性別〕不明
〔年齢〕沢山生きている
〔一人称〕私 〔二人称〕アナタ

「何処かに良い厄、落ちてませんかねぇ?」

〔設定〕
 人の厄や不運を食べ、さすらう妖怪。厄を食べられた者は、少しの間だけ幸運になれる。
 神出鬼没で、ふわふわと掴み所がない。ひねくれ者だが、多分良い奴。
 仲良くなれば割と慕ってくれる。変に間延びした敬語で話す。
 ある程度戦う力はあるが、戦闘はあまり好まず、もっぱら逃げるが勝ち。

 厄以外にも、食べ物を口にすることはできるようで、食べることが好き。
 旅先で見つける珍しいものや綺麗なものも好き。
 目的地や目標は特に決めてなく、それなりに旅を楽しんでいる。
 旅をやめる気はまだそうそうない。

〔能力〕
 厄などを食べること。
 食べた厄はローブに溜まっていき、それをある程度操ることができる。
 ローブの中は底なしで何でも入るらしい。
 コピーやホバリングは使えないが普通に空を飛ぶことはできる。

〔補足〕
 白目にあたる部分が黒く、瞳にはハイライトが常にありません。
 足は黒くふちどっていて、足の裏は黒くなっています。
 包帯やお札に特にすごい能力や意味はありません。趣味で着けているだけです。
 細かいところは適当に解釈して構わないです。



 チェネレ  

(投稿者:紅錆猫)  @akasabineko
cenere.png
性別:女 (年齢不詳)
一人称/二人称/三人称:ワタシ/アナタ、●●サン/アノ人
出身地・目的地:魔術国家フクレセウ(ECC

フクレセウで戦争が起こった際、テレポート魔法でどこかに飛ばされてしまった。
故郷に帰るためにひたすら歩き続けている。(フクレセウが戦争に負け滅亡したことは知らない)
不気味な帽子は父の形見であり、彼女は宝物だと言い張っている。
両親が医者をしていたため、医療の知識もそれなりにあるらしい。
治療ができると言っても、その不気味な容姿のせいか誰にも頼ってもらえない。
小さい子供を泣かせてしまうことも。もちろん本人に悪気は無い。

何故か木の枝を持っている。

能力:多くの魔法を扱える。(攻撃魔法も回復魔法も空中浮遊も)ホバリングや吸い込みは不可。
生まれ持っているコピー能力もないが、コピーのもとを使えばコピー能力は使えるはず。
ふわふわと浮遊はできるが空高く飛ぶことはできない。

性格・口調:真面目。でも臆病。誰にでも敬語。
「どーして怖がられるんだろう… 帽子の目にまつげでもつけようかな?」
「えっ、あっ、ゴメンナサイ!な、泣かないでくださいよぉ…」
「手術もワタシに任せてくださーい!え、そんな嫌がらなくたっていいじゃないですか」

【投稿者より】
目のぐるぐるは模様です。描かなくても大丈夫です。どのように扱っても構いません。
そこらへんで木の枝振り回してると思います。



アルマ・メア

(投稿者:ウツリギ(透綾) HP twitter@sk_luxe ) 
さすカビ ウツリギ アルマ.png
【性別】♀
【一/二人称】ミー/ユー
【年齢】生まれて間もない
【出身】電脳世界の海

「(ミーはアルマ。私の新しいお城を探してマス!)」

電脳世界上のおとぎの世界を抜け出したお姫様。
電脳世界から離れて本当のお姫様になることが夢。
知り合った人にもらった薬を飲んで実体化し、その際に今の身体となった。
薬を飲んだ際、喋ることができなくなり、他人との会話には苦労している。

喋ることができないため基本的に無口であるが、話しかけると頷いたり何かアクションをとったり。
破天荒で浮き沈みが激しい性格。そのときの気分がすぐに顔に出る。
現実世界は知らないことばかりで、何事にも興味津々。
しかし少しおっちょこちょいなところがあり、トラブルメーカーな一面をもつ。

【投稿者より】
アルマのモチーフは「電脳世界」「陸に上がった人魚姫」です。
身体の模様は、細かいところはお好きなように描いて頂いて構いません。
身体の横にびらびらーと付いてるのはヒレのような装飾物です。大小1つづつが身体の左右についています。
わかりにくいですが、帽子は鱗柄です。

擬人化、キャラ崩壊などなど、どうぞご自由になのですー。



ルロー=ニン

(投稿者:びぃかぁ) twitter@seriu_beaker
ルロー
性別◆男 一人称◆うら 二人称◆きみ
「うらはさすらいの流浪人でござるよ」
●「ござる」がやや口癖ぎみ
●世界をあちらこちら、ふらふら旅をしている。
●太刀と小刀の二刀流(普段どこに剣をしまっているかは誰も知らない)
●実は真ん丸じゃない、双葉のような何かが生えてる。

【投稿者より】
好きなように膨らませて、好きなようにいじってください。
特に注意等はありません。



「早く父上と母上に会いたいな。ずっと二人の傍にいたいんだ」
ヒラソル.png
名前:ヒラソル
性別:♂ 年齢:(外見・精神的に)10歳前後 
コピー・特殊能力:バーニング又はバーニング系ミックス能力にリーフをミックスできる

元はただのひまわりブローチ。しかし、持ち主である恋人同士の愛によって心が生まれ姿が具現化された。
ひょんなことから離れ離れになった持ち主を探すため、旅に出ている。
自分の持ち主を父上と母上と呼び慕っている。早くお家に帰りたいけどついつい寄り道してしまう。
性格は素直な熱血、ちょい思考が暑苦しい。
愛から生まれたためか、恋バナを聞くのがとても大好き。

本体はひまわりブローチの方、カービィの姿の方は何をされても平気だが、ブローチを壊されると消滅してしまう。
ブローチと引き離されそうになると体が無理矢理ブローチがある方へ引っ張られてしまう。
物に触ったりできるが、幽体のようなものなので透けたり通り抜けも可能。

【投稿者から一言】
グロ・エロなどがなければ特に問題はありません。
ご自由にどうぞ



ヨギ

(投稿者:つな缶 twitter pixiv) 
つな缶 ヨギ 修正
【名前】ヨギ 【性別】多分女の子 【年齢】子供 【一人称】ぼく

金魚の幽霊・・・。ではなく幽霊が目立ちたくて金魚の格好をしているだけです。
この世を満喫する事なく若くして亡くなったため、未練タラタラで成仏せずにさまよっております。
おいしいものを沢山食べたい。色んな場所を旅したい。好奇心旺盛な明るいお化けです。
特に親友を作る事に憧れていて、夜になっては姿を現し積極的にこの世の人たちへ存在をアピールし、仲良くなろうとします。
悪い幽霊ではないけれど、仲良くなると親友になる事(一緒にお化けになってさまよう事)を勧めてくるので油断ならない。
夏はほかの季節よりお化けが注目されるので大好き。そのためか夏の風物詩はまじリスペクト。
どうして亡くなったのかは内緒。いろんな生前の作り話をしては楽しんでいます。

「ぼく、夜しか会えないでしょ?でも君が幽霊になればずっと一緒に居れるんだよ!」
「皆どこかぼくの事怖がってるんだよなー。何にも怖い事なんてする気ないのに。もう。」

【投稿者より】ご自由に、煮たり焼いたりお任せします。友達がいなくて実は寂しがっているので仲良くしてあげて下さい。


  • 最終更新:2014-09-28 18:57:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード